ホーム > 業務案内 > 会社設立の前に - 定款・電子定款とは

定款・電子定款とは

 定款って何?電子定款だとオトクってどうして?疑問にお答えします。

定款とは

 定款とは「会社の憲法」と呼ばれており、会社の商号から目的、組織や運営などについて、その会社のルールを定めたものです。 会社を設立する場合には必ず作成しなければなりません。株式会社の場合は作成するだけでなく、公証役場で公証人による認証を受ける必要があります。
 定款の内容を大別すると、以下の3種類に分けられます。
 ・絶対的記載事項
 ・相対的記載事項
 ・任意的記載事項
 それぞれについての具体的な内容については、定款の作成で解説していますのでご覧ください。

電子定款とは

 電子定款制度が始まる前は、公証役場での認証は紙ベースの定款で行っていましたが、平成14年度からの電子定款では、電子文書による定款も認証してもらえるようになりました。 電子文書で作成された定款を電子定款といいます。
 印紙税法により、紙で作成した定款には4万円分の印紙を貼る必要があります。しかし、電子定款の場合は電子文書ですので、この印紙を貼る必要がないとされています。 電子定款で4万円オトクというのは、こういうカラクリがあるからなんです。
 だったら自分で電子定款を作成すれば印紙代も代行報酬も掛からないから超オトクと思いますよね。しかし、電子定款を作成するためには証明書や電子署名するためのソフト等のインフラを整える必要があり、これには数万円掛かります。 ですから、たった1度の会社設立では印紙代不要のメリットはありませんので、専門家に頼んだ方がオトクということになります。
 定款の認証等については、定款の認証で解説していますのでご覧ください。

▲このページのトップへ
千葉県の株式会社設立・合同会社設立に関するご相談・お問い合わせはこちらから

会社設立の前に

株式会社設立

合同会社設立

千葉県全域及び東京都、対応いたします。千葉市、浦安市、市川市、船橋市、習志野市、市原市、木更津市 他。どうぞお気軽にご相談ください。

【基本対応地域】
千葉県全域及び東京都、埼玉県対応いたします。千葉市、浦安市、市川市、船橋市、習志野市、市原市、木更津市 他。どうぞお気軽にご相談ください。

受付:AM9:00 - PM6:00 土日も対応いたします。