会社の設立に必要なもの

会社の設立に必要なもの

 以下のものを予め用意するか又は設立手続きと並行して用意しておけば、会社設立はスムーズに進みます。

目次

発起人と役員の実印

 個人の方が、その住所の市町村で登録している印鑑のことで実印と言われます。自分の印鑑であることを公的に証明された、非常に重要な意味を持つ印鑑となります。印鑑証明書は、その印鑑が登録された実印であることを市区町村役場が証明する証書です。印鑑証明書は会社を設立していく過程の様々な場所で要求されます。

 会社設立の手続きでは、発起人や役員予定者の実印と印鑑証明書が必要になります。 発起人や役員予定者で実印登録されていない方がいる場合は、速やかに住所地の市町村で印鑑登録をしておくことをお勧めします。

会社の代表印

 会社の設立登記を行う際に法務局へ届出を行う印鑑になります。代表者印などと呼ばれます。契約書など会社として重要な場面で使用する印鑑になります。個人の実印と意味合い的には変わりません。印鑑のサイズは、1辺の長さが10ミリ以上、30ミリ以内の正方形枠に収まるものでなければなりません。二重丸の内側に「代表者印」と入れ、外側に商号が入っているのが一般的な形式です。

 他にも、会社として作成しておくと良いと思われる印鑑に、銀行印と社印があります。 設立においては必要ということはありませんが、会社実印を作成される場合に一緒に作成しておくと手間がありません。

まとめ

  • 発起人と役員の実印を準備しましょう。
  • 会社の実印を準備しましょう。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる