合同会社の特徴

目次

合同会社を設立するなら特徴を理解しておきましょう

特徴その1:人的資産を重視した会社形態

 株式会社の場合は多くの出資者から資金を募り、利益が出たら出資額に応じて利益を分配するという仕組みで成り立っています。合同会社の特徴は、人的資産を重視した会社形態であることです。合同会社は、出資した額に関わらず発言権や利益配分の割合を自由に設定できるという特徴があります。

 これにより、出資額がわずかでも会社に知識や技術等できる人に対して多く利益を配分することができ、人的資産を中心とする事業展開がしやすくなります。合同会社の経営資源となるのは、株式会社形態が想定しているような大きな資本力ではなく、 人のアイデアや技術・ノウハウを資産とし重視している点が、合同会社の大きな特徴となっています。

特徴その2:合同会社は所有と経営が一致する

株式会社は、大規模な会社で多くの出資者を募ることを想定していますので所有と経営の分離を原則としており、出資者と経営者が別であることが基本となっています。それに対して合同会社では出資者=経営者です。合同会社は株式会社とは違い、出資者と経営者が分離することはありません。このような会社形態を持分会社といい、合同会社の他に合名会社や合資会社があります。

特徴その3:出資の範囲で責任をとる間接有限責任制度

 合同会社の出資者の責任範囲は株式会社と同様に、出資した額を限度とする有限責任となります。 合名会社や合資会社の無限責任社員のように大きなリスクがありませんから、比較的設立しやすいという特徴があります。

まとめ

  • 合同会社には大きな特徴が3つある。
  • 株式会社のような株式の仕組みはなく、人的資産を重視した会社形態。
  • 所有と経営は一致する(会社の所有者と経営者が同じ)。
  • 出資者は出資の範囲で責任を取る、間接有限責任を負う。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

  • […]  合同会社の特徴でもお伝えしたとおり、出資者の会社の借金などに対して負う責任は有限責任とされています。これは株式会社と共通するメリットです。個人事業や合名会社、合資会社の無限責任社員は、無限に責任を負わなければなりませんので、これは大きなメリットといえます。しかし、零細企業などの小規模株式会社で融資を受ける際は代表者が連帯保証人になることを要求されることが多いので、無限責任とあまり変わらないということになってしまいます。 […]

目次
閉じる